どうやって見つける? 自分に合った求人情報

求人誌のチェックは基本です

求人情報を探すとき、インターネットの求人サイトや求人情報誌をチェックするのは基本中の基本です。情報の掲載量が豊富なので、これをチェックしない手はありません。しかし、注意点もあります。ひとつのサイト(雑誌)を継続的に見ていると、いつも求人広告を出している企業を見かけることがあります。そのような企業は、何か問題があって従業員が定着しないのかもしれません。事業に勢いがあって従業員が足りない可能性もあり判断が難しいですが、注意深く対応しましょう。

店頭の告知も要チェック

求人サイトや求人情報誌のチェックと並行して、企業や店舗の店頭に求人の告知がないか探してみましょう。小規模な企業、あるいはすぐに人を雇いたい場合は店頭に人材募集のポスターを貼っている場合があります。そのような企業に応募すると、意外と競争倍率が低いこともありますよ。飲食店や小売業など、一般人が利用できるタイプの求人の場合、客としてその店を体験してみましょう。内装や店員の対応を確認すると、自分に合う職場かどうか情報を集められるかもしれません。

親族の下で働くときの注意点

働く場所を探すとき、企業に履歴書を送って書類選考や面接などの過程があります。しかし、親族に自営業をしている人がいて、その人の下で働くときは選考の過程はないのが一般的です。「楽に働ける」と思うかもしれませんが、親族の下で働くときには注意が必要です。短期的な仕事なら特に問題はありませんが、長期的な勤務をする場合は仕事内容や契約条件をよく確認してください。仮に仕事を辞める場合、親族としての関係はその後も続くので、円満に退職できるように心がけましょう。

施工管理の求人の利点を知るために、大手の民間企業の勤務条件や研修制度の内容にこだわることが大切です。