保育士免許を取得するにはどうしたら良いの?

自動的に免許が取得できる?!

保育士の免許を取得する方法は2つあります。その1つ目が、今回紹介する「厚生労働省が指定する養成所を卒業する」方法です。養成所には、短大・4年制大学・専門学校・保育士養成施設の4つがあります。このいずれかに通い、全ての単位を取得して卒業することで、卒業時に自動的に免許を貰える仕組みになっています。全ての単位を取得するには、かなりの勉強量が必要です。しかし免許を取得するための試験勉強はしないで済むので、この方法で保育士免許を取得する人が増えてきているのが現状ですね!

自宅で勉強して免許を取得することも可能!

保育士の免許を取得するには、もう1つ方法があります。それは、「年に1回行われる保育士試験に合格する」方法です。要するに、免許を取得するための試験を受けて、それに合格すれば良いというシステムになっていますね。試験の内容は、やはり保育士になるために必要な科目ばかりです!保育についてや子どもの心理、社会福祉など基本的な知識が毎年問われていますね!また、実技のテストもあるためこの対策もしておく必要があります。

どちらの方法で取得するほうが良いの?

さて、保育士免許を取得する方法を2つ紹介しました。これを見ると、「どちらの方法のほうが良いのだろう?」と考えますよね。どちらの方法にもメリットがあります。1つ目の養成所に通うほうは、試験勉強をしないで取得できるのが楽だと考える人は多いです。必ず取得できるという絶対的な保障があるのも、魅力的でしょう。一方2つ目は、自宅で時間のあるときにコツコツ勉強して取れるのが魅力的ですね。今は資格取得のための講座もあるので、それを進めれば免許取得できる可能性も高いです。どちらにもメリットがあるので、自分にとってどちらが良いのかで選ぶべきでしょう。

保育園の求人の仕事内容としては、乳幼児の保育や保護者の相談の受け付けなどがあり、各自の専門性を活かすことができます。