保育士の毎日のお仕事についての基本的知識

乳児保育という形があります

保育園では6歳に至るまでの幼い子供たちを預かりますが、乳児保育では誕生して数ヶ月のかわいい赤ん坊のケアができることになります。いまだに言葉も分からない乳児たちばかりですが、ストレスを与えない声かけ、あるいは子守唄を熱唱してあげたり、抱えて遊んであげたりすると実にエンジョイしてキュートな笑顔を見せてくれます。お食事もミルクもしくは離乳食ですが、免許を持っている保育士に慣れっこになって安定してくると、哺乳瓶をみるみるうちに空っぽにするほどミルクを飲んでくれます。

幼児保育の保育士について

幼児クラスの子供さんたちは、遊戯のエネルギーも格別です。朝方に登園するととにかく部屋においての遊びです。積み木、あるいはボードゲームなどお子さんたちはスピーディに希望します。物の奪い合いなども、お友だちとの意思疎通を学習していく上で実に肝要になってきます。保育士に指導してもらいながらフレンドリーに生活を送ることを学習していきます。お友だちそれぞれが十分考慮したりといった場合、そのステップアップに保育士も非常に幸せにつながります。

障害児保育での成長について

保育には混合保育と称されて、障害児および健常児を組み合わせて保育してそれぞれの育成を促進するという保育も見受けられます。障害児が異なっているお子さんたちをお手本としてできることが多くなっていくのも言うまでも無く良いのですが、健常児のお子さんたちが障害児の子どもさんにアシストしてあげたり、仲間に加えてあげるところをみることが出て来ます。助け合う重要さを理解したと理解できたシーンや一緒に幸せに一日を過ごせた際に保育の意義深い事を感じ取ることができます。

働く子育て世代の女性が増えた事により、深刻な保育士不足が起きているので、都市部を中心に保育士の求人募集が増加してます。